善光の家のあたりまえ [標準仕様]

 

“暮らすごとに幸せを感じる住まい”

私たちの家づくりの基本は、住まう家族が永く安心して安全に暮らせる住まい。

「丈夫だね、暖かいね」 と家族が伸び伸び健康で住んでいただくために、
“耐震性” “耐久性” “住まい心地” はもちろん、
なるべくメンテナンスに気をつかわなくて済む住まいづくりをご提案しています。

ここでは、善光建設の家づくりの標準仕様・・・の一部をご紹介。 
そのこだわりをご覧ください。

 


 

■ スーパーウォール工法

真冬でも暖かく過ごせる家・・・ 真夏でも涼しく過ごせる家・・・
カビの原因になる結露の起きにくい家・・・ 室内の空気がきれいな家・・・
ちょうどよい湿度の保てる家・・・ 何より地震にびくともしない家・・・

善光建設代表 熊田が試行錯誤の末辿りついた工法です。

このスーパーウォール工法の家づくりを知り尽くした、
熊谷、矢部、寛貴が、皆さまのご家族の生活環境・ご要望に合わせて、
最適な家に仕立て上げます。

■基礎

基礎はもちろん耐震性、耐久性に優れた技術でお客様の家を守ります。
基礎全周を換気させることにより湿気のこもらない高耐久基礎パッキン仕様を採用。

  

■構造躯体

善光建設建設で一番大切にしているのが、この 「構造躯体」 。
家を建ててしまうと、隠れてしまうし、間取り・設備などとは違い、わかりづらい部分ではありますが、

建てた後に替えがきかない、大切な大切な部分です。

善光建設では、木材の欠損を防ぐピン工法を採用。
木本来のよさを活かしながら従来構造をはるかに超える強度が得られます。
ここでは、お話しませんが、その強度は数値で証明されています。

 ⇒ 善光建設の構造見学会情報はこちら 
 実際に現場に来ればその仕組みもよくわかります。

また、家具などの重量に裕に耐えられるように。
全ての床に厚さ28ミリの合板を敷き込みます。
そうすることで、例えばピアノ等重量のあるものを、補強なしでどこにでも置くことができます。)

これは、ピアノを置きたいお客様に限らず、
経年による家の劣化や家族の変化による負荷の増加に気にする事無く生活できます。 

   

■ 屋根・壁の内側の工夫(シルバータイベック、通気層)

善光の家が冬暖かく夏涼しい秘密。それは、屋根や壁の“内側”に隠れています。

例えば、屋根に使う透湿防水シート。
シートにアルミを特殊技術で蒸着させ、遮熱効果を持たせることで、
高気密・高断熱住宅でも解決できなかった、赤外線による夏季の蓄熱と、冬季の熱損失を根本的に解決します。
また、住まいを長持ちさせるための工夫として、壁面、屋根には通気層を取り湿気が躯体内部にこもる事を防止する技術を採用しています。

この工夫は生活環境をよくするだけでなく、
今までは、熱によって使えなかった屋根裏のスペースの有効活用に繋がることも。
お客様の生活空間を快適なものに。善光建設が自信を持っている技術の一つです。 

  

■屋根材

鉄よりも、ステンレスよりもガンバリウム鋼板よりも長もち、ジンカリウム。
とにかく、丈夫なんです。外からの雨風・災害から家を守る屋根。
そこに、高耐久のジンカリウム鋼板に天然石を吹き付けた軽量、
高耐久を誇るメンテナンスフリー屋根材を善光の家には採用しています。

■防蟻剤

白アリ防止にエコボロンという薬剤を使用しています。
この薬剤の一番のいいところは、体に害が少ないこと。
長く住まう家、万が一の白アリも防ふ体にも優しい技術です。

■ヘッターチューブ 配管

給排水設備にももちろん、こだわります。
こだわるのは、耐震性、耐久性、防露性能、そしてメンテナンスが少なくてすむこと。
普段の生活に何気なくあるものこそ、手間がかからない安心の設備で。
その想いで、この技術を採用しています。

 

・・・他にも善光の家にはこだわりがたくさん。

・使いやすい電気コンセントや照明スイッチ。
・住む時だけじゃなく、後々まで健康で在り続けるための 「健康促進住宅」 
・銅、松、杉を使った天然素材を活かした住まいづくり
・「幻の漆喰」 「清活畳」 「うづくりの床」 などの素材へのこだわり
・シックハウス防止、良質な生活空間をつくるイムウッド

・・・など。

“いいもの探し”の追求。これからも、善光は住まう人が長く快適に住める家づくりのために、
その探究を続けます。

資料で、見学会で、 ぜひ詳しい話しをお尋ねください。 ・・・夢中になって話しが止まらないかもしれませんが(笑)

気になることがある!と言う方は、こちらから是非私たちに質問をぶつけてください。

お問い合わせ内容*
ご住所* -
お名前*
フリガナ*
電話番号* --

メールアドレス*