目黒区K様邸外装、塗装工事完了。

目黒区K様邸の外装工事が完了、

築20年以上たった住まいが新築同様の姿となりました!

↓BEFORE

↓劣化が進んでいる屋根。

今回は屋根の塗装ではなくて「カバー工法」にて施工。

屋根塗装となると、見た目は綺麗になるのですが、

劣化する年数が早くなったり、塗装部分の厚みが増し「毛細管現象」

による雨漏れの危険もあります。

↓今回の外装工事では、鎧戸を含めた「木製の窓枠」が経年劣化で

傷みが進んでいたので、全箇所交換させていただきました。

善光建設の外装工事と塗装屋さんの外装工事は

見方、施工方法が違います。

 

どちらも綺麗になるのは当たり前ですが、

善光建設では、建物がより長持ちする為の施工を

提案させていただいています。

「歯」を治療する際、「根本」から治療したほうが

長持ちするという事と同じですね!

 

又、外装リフォーム、様々工法の違いはありますが、

共通の「ご提案」をさせていただいています。

それは「住まい心地」と「省エネ」を取り入れた外装リフォームです。

 

外装のリフォームでは塗装や防水を施工するのが

一般的です、当たり前ですが

見た目は綺麗になり、老朽化も防ぐ事ができます。

そこで屋根の塗装を「遮熱塗料」に変えたり、

既存の屋根に

新しい屋根をかぶせる高耐久屋根材による「カバー工法」

をすることにより、外から入ってくる熱を防いだり、

冷暖房のエネルギーの損失が少なくなります。

↓既存の屋根の板金部分を撤去し、ルーフィングを敷き込みます。

↓そして「ZENKOの家」では標準となる高耐久屋根材を葺きます。

見た目も良く、軽量で高耐久、積雪にも強い!といいことずくめの

次世代の屋根材です。

 

ちょっとしたことですが住まい心地が大きく変わります。

 

↓AFTER 足場をかけた時にしかできない雨どいも交換。

塗装工事を終えた後に雪や台風などで雨どいが外れてしまったとの

問い合わせが多くあります。

外装工事等で足場を建てる際は雨どいのチェックも忘れずに!

目黒区K様邸「ZENKOの家」上棟です!

夏本番、外気温は35度とまるで

お湯の中を泳いでいるような気候となりました。

 

各現場の職人さんに飲料水や↓のような

体を冷やすものを配りつつ頑張ってもらっています。

皆様もくれぐれも「熱中症」にはお気を付け下さい!

 

↓目黒区M様邸「ZENKOの家」新築工事現場の

解体も大詰め「タオルが何枚あっても足りないよ」と職人さん。

お疲れ様です!

そんな中ですが、

目黒区T様邸の上棟となりました。

 

大工さん、鳶さんたちの

見事なチームワークにより上棟が完了。

↓屋根のタイベックシルバー、通気まで完了。

これで雨が降っても大丈夫です。

集合したところでいよいよ上棟式。

おなじみ「ゴールデンハンマー」にて、

ご家族に構造の要である「黄金 のピン」を打っていただきました。

K様上棟おめでとうございます。

職人一同社員一同一丸となって

この町で一番の「憩」の住まいを目指します、

改めてよろしくお願いいたします!

自然災害。

大阪の震災、西日本豪雨と自然による災害が続いています。

 

亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

自然災害を防ぐという事は難しい事ですが、

「できる対策」を進めていければと思います!

大阪の震災で改めて、高いブロック塀の危険性が

浮き彫りとないました。

 

ぐらついている高い塀は当然危険ですが、

塀の基礎部がしっかりしていて高い塀の場合、

上部を解体し軽量のフェンスに替えるだけでも

対策を取ることができます。

 

↓目黒区Y様邸の隣家の塀。

大きな事故になっていたかもしれません・・・。

いつ起こるか分からない災害に備えましょう!

猛暑の中の「ZENKOの家」完成内覧会目黒区K様邸。

2日間の日程で開催させていただいた

目黒区K様邸「ZENKOの家」完成内覧会、

当日は30度を超える猛暑の中でしたが、

これからリフォームや新築を考えられている方をはじめ、

近隣の方、OBのお客様とたくさんの来場者でにぎわいました。

 

外が暑いほど「ZENKOの家」の

誇る断熱、気密性能を体感する事ができます。

少ないエネルギーで家中どこにいっても

さわやかで心地いい涼しさを感じていただけたかなと思います。

先日大阪で震災があったばかりという事もあって

「耐震」について興味を持たれている方も多く

「制震」についてのお話をさせていただきました。

 

↓お施主様と弊社インテリアコーディネーターが手掛けた

フレンチスタイルの空間造りも注目を集めました。

来場された皆様、

そして内覧会にご協力いただいたK様ご家族

ありがとうございました!

梅雨明け!

梅雨に入ってもあまり雨が降らないなぁ・・・と

思っていたらなんと梅雨明けとなりました!

関東が6月中に梅雨明けするのは初めてとの事です。

 

連日真夏のような気温となっていますが、

雨で予定が遅れる事も無いので

各現場もスムーズに進行しています。

 

先日スタートした

鉄骨4階建ての目黒区Mビルの外装工事では

早くも外壁のシーリング作業が完了、屋上防水が進んでいます。

↓こちらは目黒区Oビル

今まで倉庫として使っていた60坪のスペースを

貸室とする為の工事がスタートしました。

広い空間を2つに分け貸りやすくする、土地活用ならぬ空室活用です。

↓解体工事からスタート、木製棚の解体だけで住宅一軒分を超える

廃材がでました。(リサイクルで活用させていただきます!)

これから益々気温が上がっていくので

皆様、熱中症にはくれぐれもご注意下さい!

目黒区K様邸「ZENKOの家」完成内覧会開催!

今週6月30日(土)、7月1日(日)と

目黒区K様邸「ZENKOの家」完成内覧会

を開催させていただきます!

 

耐震等級、制震性能、断熱性能、

気密性能が国内最高レベル・・・等など

住まい心地や安全に関する性能を

見て、体感いただきたいのは山々ですが、

それ以上に、

お施主様の描くこんな家に住みたい!という想いや、

 

住めば住むほど愛着がわく、

いつまでもくつろいでいたくなる空間造り

をご覧いただければと思います!

目黒区O様邸地鎮祭です!

先日の目黒区K様邸、I様邸の地鎮祭に続き

本日は目黒区O様邸の地鎮祭です!

 

梅雨時期という事で天気が心配でしたが

快晴・・・とともに気温上昇、

30度を超える猛暑となりました。

地鎮祭とは、建築などで工事を始める前に行う、

その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ることで、

一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式とされており、

安全祈願祭と呼ばれることもあります。

 

土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場となし、

斎主たる神職のもと、建築に携わる者、

お施主様の参列の上で執り行われます。

祭場の中には木の台(八脚台)を並べ、

中央に神籬を立てて祭壇となし、

酒・水・米・塩・野菜・魚などの供え物を供えます。

 

「O様、本日はおめでとうございます。

この地域で一番の「憩」の住まいが完成するよう

スタッフ一同がんばります!」

梅雨の合間に・・・。

どんよりした曇り空、梅雨らしい天気が続いていますね。

 

朝方、大阪で震度6弱の地震がありました、

「塀」が倒れたり、本棚が倒れたりで

亡くなられた方もいるとの事です。

最近各地で地震が多くなってきているような気がしますね、

いつ起こるか分からない地震、

家具の転倒防等できる事は事前に対処しましょう。

 

↓こちらは目黒区Y様邸耐震工事の第3期工事。

重い屋根瓦から軽量の高耐久屋根材に葺き替えています。

「重い屋根」から「軽い屋根」にする事は耐震上とても有効です。

そして、雨の合間を縫って新たにスタートする外装工事現場の

足場が組まれています。

 

↓こちらは鉄骨4階建ての目黒区Mビル。

1階、2階がお店なので人通りが少ない日曜を絡めて

足場を組まさせていただきました。

↓こちらは木造2階建て目黒区K様邸外装工事。

↓画像で分かるようにかなり劣化が進んでいます。

塗装をしてもただ綺麗になるだけで、

悪くすると雨漏れの原因となる場合があります。

ということでK様邸では

現況屋根の上に新たな高耐久屋根材を葺く「カバー工法」

で施工させていただきます。

 

梅雨入り・・・。

関東が梅雨入りとなりましたが、

晴れの日が続いていますね!

そんな中ですが、

 

目黒区O様邸外装工事は完了して足場が外れました。

↓塗装の他、看板の撤去、雨どいの交換をさせていただきました。

目黒区K様邸「ZENKOの家」新築工事現場も

足場が外れ、照明やコンセント等の電気工事に入りました。

完成まであと少しですね。

 

↓のようなおしゃれでかわいい照明や壁紙が目を引きます。

今月末には完成内覧会を予定しています。

「ZENKOの家」の持つ

高気密、高断熱、省エネ性能に高耐久建材、

そして、国内最高基準の耐震性能(耐震等級3)、制震技術に加えて、

「フレンチスタイル」の空間造りがご覧いただけます。

 

↓こちらは目黒区Y様邸耐震工事。

2期工事の大工、左官工事が完了して

3期工事となる屋根の葺き替え、外壁の塗装工事に入ります。

↓重い瓦を降ろして、高耐久屋根材に葺き替えます。

この時期は特に職人さんとの連携が重要(当たり前の事ですが・・・)。

ひと昔前は朝早くテレビで天気を確認していたのですが、

今ではスマートホンで数分単位の天気を確認ができるように

なったので現場もスムーズ。

ホント便利な世の中になったなぁ~と思います。

 

 

 

20年目のありがとう。

築20年を迎える大田区M様邸に

手摺工事でお伺いさせていただきました。

手摺工事が完了して、お茶をいただきながら

ご主人に新築当時のお話をいただきました。

「2件先のEさんのお宅を新築して、

すぐ隣のNさんのお宅を建てているのを、

基礎からずーっと見ていたんだよ、

基礎工事や大工さんを始めとする職人たちが

皆活き活きして丁寧な仕事をしているのを見て

声をかけたんだ。」との事。(3棟の新築が並んでいます。)

 

「他でも話が進んでいたんだけど、

すべて断って善光建設に頼んで本当に良かったと思う。」

 

「その頃、ほとんど無かった

高気密、高断熱、高耐震という性能も

説明してもらったんだけど、当時はそんな高性能なものは

いらないと思っていたんだけど、いざ住んで見て実感したよ、

本当に正解だった!ありがとう。」と

 

M様こちらこそありがとうございます!

本当に励みになる嬉しいお言葉をいただきました。